泥洗顔 使い方

洗顔のポイント

泥洗顔に限ったことではありませんが…
洗顔の目的は、汗や皮脂、クレンジングで落としきれなかったメイク汚れを落とすこと。
その際に大切なことは、ゴシゴシこすり洗いをしないことです。
ゴシゴシ洗いは、お肌に刺激を与えてしまいお肌に傷をつけ肌荒れなどの肌トラブルに繋がってしまいます。

 

泥洗顔 使い方

 

洗顔のポイント1:泡

お肌を優しく洗うために重要なのが、洗顔料で作る『泡』です。
『泡』がお肌に摩擦を与えないためのクッションの役割をしてくれます。
『泡で洗う』イメージで洗顔するのが、お肌に優しい理想的な洗顔方法です。

 

泥洗顔 使い方

洗顔料によっても泡立ちが異なります。
弾力がある。モチモチ泡。しっかりとした泡。濃厚な泡立ちのする洗顔料がおすすめです。
手を逆さにしても落ちないくらいの濃密さが理想的な泡。
手につくような吸着力の高い泡が、古い角質や毛穴の汚れを落としてくれます。

 

洗顔のポイント2:水温

洗顔の際の水温が高すぎると、お肌に必要な皮脂や保湿成分まで洗い流しお肌の乾燥やバリア機能の低下につながります。反対に低すぎると毛穴が、キュっと閉じてしまい、毛穴の汚れをしっかりと落とすことができません。

泥洗顔 使い方

洗顔の際の水の温度は、「ぬるま湯・35~37度前後」といわれています。
これは、毛穴を開いた状態にしお肌に不要な皮脂や汚れを落としやすくしてくれます。
また、お肌に必要な油分や潤いを奪うことなく洗顔をすることができます。

 

洗顔のポイント3:手早く丁寧に!

顔全体の隅々まで泡を乗せるイメージで、洗い忘れがないようにしましょう。

 

ですが、洗顔料を肌に乗せている時間が長いほど、肌に大切な潤い成分も取り除かれてしまいます。
顔を濡らしてからすすぎまでに2分程度で終わらせるのが理想的です。

 

すすぎの際にも、摩擦を起こさないように、すすぎ残しがないように丁寧に行いましょう。

 

おすすめ!泥洗顔料

 

おすすめ 泥洗顔

 

おすすめ 泥洗顔

 

おすすめ 泥洗顔

 

おすすめ 泥洗顔